東急電鉄など「観光型MaaS」実証実験、アプリで伊豆エリアがお得に

東急電鉄など「観光型MaaS」実証実験、アプリで伊豆エリアがお得に
●伊豆へ行くなら「Izuko」を活用しよう
静岡県とJRグループが今年6月まで開催している「静岡デスティネーションキャンペーン」では、首都圏から近い伊豆エリアでも各種イベントが企画されている。ゴールデンウィークの連休を利用し、伊豆エリアへ旅行する人も多いだろう。

その伊豆エリアで、4月から東急電鉄とJR東日本、ジェイアール東日本企画による「観光型MaaS」の実証実験が行われている。この実験に向けて開発されたアプリ「Izuko」を使えば、デジタルフリーパスを購入することで一定区間の電車・バスが乗り放題になるほか、観光施設の割引チケットや、レンタカー・レンタサイクルの予約・決済などをスマホ上で一括して行える。

実証実験は2回に分けて実施。「フェーズ1」が「静岡デスティネーションキャンペーン」と同じ2019年4~6月、「フェーズ2」が2019年9~11月に行われる予定だ。
○■アプリで電車・バス・観光施設をつなぐ

「MaaS(マース)」は最近よく耳にする言葉なので、ご存じの人も多いだろう。「Mobility as a service」の略で、自家用車以外のさまざまな交通手段による移動(Mobility)をひとつのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ概念だ。

たとえば地方の観光地などを旅行する際、「電車・バスの時刻を別々のアプリで調べる」「駅に着いたらタクシーがいないので電話番号を調べて呼ぶ」「レンタサイクルをどのように探せばいいかわからない」といった不便な思いをした経験のある人は多いはず。その上、決済方法が統一されておらず、交通系ICカードやクレジットカードが使えない事業者や店舗も、地方にはまだまだ多い。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。