松坂桃李、事務所の後輩・杉野遥亮に無言の圧 「ギラッという目が…」

松坂桃李、事務所の後輩・杉野遥亮に無言の圧 「ギラッという目が…」
映画『居眠り磐音』(5月17日公開)の完成披露試写会が6日に都内で行われ、松坂桃李木村文乃芳根京子杉野遥亮、南沙良、石丸謙二郎西村まさ彦中村梅雀柄本明、本木克英監督が登場した。

同作は全著作の累計発行部数が6,300万部を超える時代小説家・佐伯泰英の同名小説を実写映画化。江戸勤番を終え九州・豊後関前藩に三年ぶりに戻った坂崎磐音(松坂桃李)だが、幼馴染3人の間に悲劇が起こり、江戸で浪人として長屋暮らしを始めるうちに、用心棒として仕える両替商・今津屋の騒動に巻き込まれていく。

「令和の抱負」を書にしたためてきたキャスト陣。松坂は「豊かに」という文字を掲げ、「最初は『健康第一』にしようと思ったんですけど、マネージャーさんに止められて。令和の時代も仕事も生活も豊かに、自分自身も、周りも含めて豊かになれるようにやっていきたいな、という思いです」と意図を明かす。

さらに「事務所が豊かになればいいなと思いますね。ちょっと認知少ないので。後輩も含めてがんばっていただいて」と述べると、トップコートの後輩である杉野は「はい!」と返事。先輩からのプレッシャーに「無言の圧をすごい感じて。ギラッという目が怖かったです」と苦笑していた。

一方、「跳」と一文字で抱負を表した杉野は「『跳ぶ』と書いて『バンジー』と読むんですけど。令和元年って7カ月しかないなと思って。7カ月のうちに子孫や子供に自慢できること、バンジーだったり、空から飛ぶやつ(スカイダイビング)とか……跳んでいけたらな」とふわふわした回答に。松坂から「え、自慢したいんですよね?」と質問され、「『俺、令和元年にバンジーしたんだぞ』っていうのを、子供とかに自慢できるかなって」と答えると、木村からも「事務所の未来が不安になりましたね」とつっこまれていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松坂桃李 ドラマ
  2. 松坂桃李 ラジオ
  3. 松坂桃李 映画
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松坂桃李 + 映画」のおすすめ記事

「松坂桃李 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂桃李 + ドラマ」のおすすめ記事

「松坂桃李 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山崎賢人」のニュース

次に読みたい関連記事「山崎賢人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。