岩田剛典、レッドカーペットでサイン攻めも神対応! 新人の緊張もほぐす

岩田剛典、レッドカーペットでサイン攻めも神対応! 新人の緊張もほぐす
映画『町田くんの世界』(6月7日公開)ジャパンプレミアが7日に都内で行われ、細田佳央太、関水渚、岩田剛典高畑充希太賀池松壮亮北村有起哉、石井裕也監督が登場した。

同作は、『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞した石井裕也監督の最新作で、安藤ゆきによる同名コミックを実写化。運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くん(細田佳央太)だが、困った人の事は絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力があった。そんな町田くんに訪れた突然の出来事により、優しさに溢れていた“町田くんの世界”がひっくり返る。"超新人"である細田と関水がオーディションで主演に抜擢された。

レッドカーペットに登場したキャスト陣。岩田は、初めてのレッドカーペットで緊張しているという細田の肩を抱いて緊張をほぐす。ファンからの黄色い声を受けて、流れるようなサインや握手で、"神対応"を見せた。太賀も熱心な声に応え、高畑も笑顔で手を振り、細田&関水も照れながらもハイタッチなどを行なった。

岩田は、同作について「現代社会を生きる大人たち全員に対しての処方箋のようなメッセージの込められた映画」と語る。「初々しさとみずみずしさが、画面いっぱいに広がってて、素敵な素晴らしい演技を見せてます」と主演2人を称賛した。

また、「クランクインする前に、石井監督から『主演を新人2人で行くから、同級生役の4人(岩田、太賀、高畑、前田敦子)に対して、一言言っておきたい。とにかく2人を芝居でめちゃくちゃにしてくれ』と。そういう意味での、別のプレッシャーをかけられた気がして。現場は緊張感があって、すべてを見透かされるみたいでした」と振り返る。

太賀も「超新人の2人を前にして、先輩らしい振る舞いをしたかったんですけど、割と僕らもガチガチに緊張しているという。違う形で発破をかけられていたので、僕たちも気合をいれて、手を抜かずに挑んだ」と同意。「でも、いい緊張感でしたね」と岩田に語りかけると、岩田も「楽しかったです」と笑顔を見せた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岩田剛典 CM
  2. 岩田剛典 ダンス
  3. 岩田剛典 ドラマ
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岩田剛典 + 映画」のおすすめ記事

「岩田剛典 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「岩田剛典 + ダンス」のおすすめ記事

「岩田剛典 + ダンス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「稲葉友」のニュース

次に読みたい関連記事「稲葉友」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。