キヤノンITSのWeb Performerと日立のJustwareが連携

キヤノンITSのWeb Performerと日立のJustwareが連携
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は5月8日、日立製作所とエンタープライズアプリケーション開発分野において連携すると発表した。今回、キヤノンITSの超高速開発(ローコード開発)プラットフォーム「Web Performer(ウェブパフォーマ)」と、日立のアプリケーションフレームワーク「Justware」を連携させたソリューションを7月1日から提供を開始する。

近年、アプリケーションの開発に対して、リリースサイクルの短縮化や維持保守コスト低減のニーズが高まっており、これら課題への解決策の1つとして、ノンプログラミングアプリケーションプログラムを生成できるローコード開発が注目されているという。

日立のJustwareは、金融、公共、産業分野などの大規模システムやJavaベースのオープンシステムの構築で実績があるアプリケーションフレームワーク。両社は要望に対応するため、キヤノンITSのWeb Performerと、日立のJustwareを連携させたソリューションの提供を開始する。

これにより、クライアントサイドはWeb Performerで高速に開発し、堅ろうかつ安定性が求められるサーバーサイドはJustwareで構築するなどの使い分けが可能となるほか、JustwareのWebアプリケーションテスト自動化ツールはJustwareと、Web Performerを連携させたアプリケーション全体の品質および開発効率の向上をサポートするという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。