痛風の症状や原因、食べてはダメな食事内容を専門医に聞いた

痛風の症状や原因、食べてはダメな食事内容を専門医に聞いた
が当たるだけで痛いといわれる「痛風」。ビール好きで、ぜいたくな食事ばかりしている中年男性がなる病気というのが一般的なイメージだろう。

公益財団法人痛風財団の平成28年度事業報告書によると、痛風の通院患者数は年々増え続けて現在約100万人と推定されている。従来は中高年男性に多かった痛風だが、近年は食生活の変化に伴って20~30歳代の若い男性にも発病が目立ってきているという。

そこで今回、内分泌代謝専門医の山本咲医師に痛風の症状や原因、予防法などについてうかがった。

痛風の症状

痛風の症状といえば、急に足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛みだすことがよく知られているが、山本医師によると、この痛風発作が起こる前に実は予兆があるという。

「よく患者さんが訴える予兆としては関節のムズムズ感があります。急激に発症し、24時間以内にピークに達することが多く、変が起こりやすい好発部位は足の親指の付け根や足関節ですが、そのほか肘関節、手首や手指、膝の関節などに起こることもあります。また関節の腫れ、熱感、発赤を伴います」

痛風発作は一般的に、骨折よりも強く我慢できない激痛を伴う。痛みのために2、3日は歩けなくなるのが普通だという。
痛⾵の原因

痛風発作の原因は尿酸が関節に蓄積すること。そもそも尿酸は「プリン体」という物質が体内で分解されてできる産物で、血液の中にある一定量は存在している。尿酸値が7㎎/dlを超えると高尿酸血症であり、8mg/dl以上だといつ痛風発作を発症してもおかしくない状況だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。