東急田園都市線2020系、2019年度は6編成 - 目黒線3020系も今秋導入

東急田園都市線2020系、2019年度は6編成 - 目黒線3020系も今秋導入
東京急行電鉄は13日、今年度の鉄軌道事業設備投資計画について発表した。2019年度の新型車両として、田園都市線2020系を6編成、目黒線3020系を3編成導入。東横線・田園都市線・大井町線の全64駅でホームドア整備が完了する予定となっている。

田園都市線の車両2020系は2018年度までに計9編成が導入された。2019年度も6編成を導入し、既存の8500系との置換えを進める。目黒線では今秋、2020系と同様の定員を備える新型車両3020系を3編成導入する予定。あわせて同社が所有する目黒線の車両に関して、2022年度下期に予定される相鉄線との相互直通運転開始に合わせ、現行の6両編成を8両編成に順次変更する計画としている。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、同社保有の全車両で車内防犯カメラの設置も進めている。2018年度末の時点で、全156編成(8500系は除く)のうち57編成で設置済みとされ、引き続き全車両への設置をめざして取り組む。

東急電鉄では、ホーム上の安全対策として、2014年度から東横線・田園都市線・大井町線の全64駅を対象にホームドア整備を進めてきた。2019年度は6月末までに東横線東白楽駅、田園都市線二子新地駅・鷺沼駅(2・3番線)、大井町線大岡山駅など6駅、9月末までに田園都市線宮崎台駅・青葉台駅など4駅、来年3月末までに東横線多摩川駅、田園都市線鷺沼駅(1・4番線)・中央林間駅、大井町線旗の台駅など10駅でホームドアを設置。全64駅のホームドア整備が完了する予定となった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。