京成電鉄「スカイライナー」AE形を1編成増備、新型車両3100形導入

京成電鉄「スカイライナー」AE形を1編成増備、新型車両3100形導入
京成電鉄は13日、今年度の鉄道事業設備投資計画について発表した。2019年度は総額227億円の設備投資を実施。「スカイライナー」車両AE形を増備して輸送力増強を図るほか、新型車両3100形の導入、駅施設リニューアルなどサービス向上に取り組む。

「スカイライナー」に使用されるAE形は8両編成で、現在は8編成が活躍中。今年度は新たに1編成増備し、成田空港輸送の輸送力を増強する。具体的な輸送力増強の内容は決定次第、発表するとのこと。

成田スカイアクセス線用の新型車両3100形は8両編成で、今年度は2編成を新造。外観デザインにオレンジを取り入れ、飛行機や沿線各所のイメージイラストがデザインのアクセントに。車内は座席の一部を折畳み式とし、スーツケース置場としても利用できるようにするほか、中間車両にフリースペースを設置する。

3000形は全編成を対象に、車内案内表示装置を4カ国語(日・英・中・韓)対応の液晶ディスプレイ(LCD)に更新する工事を進めており、今年度中に全編成の更新が完了する予定。3000形・3400形で進めているスタンションポールの座席中央部分への増設も、今年度中に全編成で完了予定となっている。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、通勤型車両への車内防犯カメラの設置も進める。

空港第2ビル駅は改札口のレイアウトを変更し、24人乗りの大型エレベーターを新設。よりわかりやすい案内看板に改修するほか、防犯カメラも増設する。空港第2ビル駅・成田空港駅で照明のLED化も実施。成田空港駅でホームドアの設置(事業主体は成田空港高速鉄道)も予定している。他の駅でもホームドア導入に向けた検討を行う。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。