国土交通省、相鉄・JR直通線の加算運賃上限設定を認可したと発表

国土交通省、相鉄・JR直通線の加算運賃上限設定を認可したと発表
国土交通省は9日、相模鉄道から2月26日付で申請のあった相鉄・JR直通線の旅客運賃(加算運賃)上限設定について、4月25日に運輸審議会から「認可することが適当である」との答申が出されたことを受け、国土交通省として認可したと発表した。

鉄道の旅客運賃は、鉄道事業法第16条第1項にもとづき上限を定め、国土交通大臣の認可を受ける必要がある。認可にあたっては同法16条第2項にもとづき、能率的な経営の下における適正な原価に適正な利潤を加えたものを超えないかを審査し、同法第64条の2にもとづき運輸審議会に諮る必要がある。

旅客運賃(加算運賃)を設定する路線は相鉄・JR直通線2.1km(西谷~羽沢横浜国大間)。相鉄線西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近までの区間に連絡線を新設し、連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転されるものであり、その運賃について、相模鉄道が適用している基本運賃に加算運賃を加えたいと申請があり、認可された。

加算運賃の額は、普通旅客運賃が30円、通勤定期旅客運賃(1カ月)1,140円、通学定期旅客運賃(1カ月)430円で、実施日は2019年11月30日から。この加算運賃は、新線建設などにかかった設備投資費用の一部を利用者に負担してもらうため、相鉄・JR直通線利用の基本運賃に一定の金額を加算するものとなる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 国土交通省 ハザードマップ
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「国土交通省 + ハザードマップ」のおすすめ記事

「国土交通省 + ハザードマップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュース

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら