ファミマ、RIZAP監修のカップ麺や抹茶プリンなどを発売

ファミマ、RIZAP監修のカップ麺や抹茶プリンなどを発売
ファミリーマートは5月14日より、おいしさと糖質量にこだわったRIZAP監修商品「麻辣湯麺」など3種類を全国のファミリーマート店舗で順次発売する。

5月14日発売の「麻辣湯麺」(税込198円)は、食物繊維を練り込み糖質を抑えたフライ麺と、唐辛子と花椒がきいたパンチのあるスープをあわせたカップ麺。具材には、鶏肉とニラを使用している。一般的なカップ麺(※)に比べ、一食当たりの糖質量を50%オフの13.6gとした。カロリーは326kcal。なくなり次第終了。

5月28日発売の「薫る抹茶プリン」(税込170円)は、宇治抹茶を使用した抹茶プリン。2017年に販売した抹茶プリンと比較し、抹茶の添加量を2倍以上にすることで、より抹茶の風味が豊かになったとのこと。1個あたりの糖質は9.9g、カロリーは222kcal。

6月11日発売の「瀬戸内レモンのレアチーズ」(税込170円)は、なめらかな食感のレアチーズに、さわやかな風味と酸味が楽しめる瀬戸内レモンソースをかけて仕上げた。1個当たりの糖質は8.7g、カロリーは205kcal。

※ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、中華スタイル即席カップめん(油揚げ)との比較(100g当たり)

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。