東京都交通局、都営浅草線5300形が「プラレール」に - 先行販売も

東京都交通局、都営浅草線5300形が「プラレール」に - 先行販売も
東京都交通局は21日、タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」から「プラレール『都営浅草線5300形』」を発売する。

都営浅草線は2018年6月に新型車両5500形が営業を開始しており、2019年4月に「プラレール『都営浅草線5500形』」も発売されている。都営浅草線5300形は、5500形の導入前から運用されている車両で、将来的には5500形に置き換わる計画となっている。

「プラレール『都営浅草線5300形』」の発売日は5月21日。これに先立ち、5月19日に開催される京急ファミリー鉄道フェスタで先行販売も実施される。

価格は先頭車・中間車・最後尾車の3両編成で2,500円(電池と専用レールは別売)。なお、販売数には限りがある。

販売箇所は都営地下鉄の五反田駅・新橋駅・浅草橋駅・日比谷駅・水道橋駅・巣鴨駅・高島平駅・市ヶ谷駅・馬喰横山駅・本八幡駅・上野御徒町駅・門前仲町駅・大門駅(都営大江戸線)・青山一丁目駅・都庁前駅・練馬駅の駅長事務室と、東京さくらトラム(都電荒川線)三ノ輪橋おもいで館。京急線駅売店などでも販売される。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。