バレーボールで算数を学ぼう! 「東京2020算数ドリル」実践学習会開催

バレーボールで算数を学ぼう! 「東京2020算数ドリル」実践学習会開催
5月13日、東京都中央区の明正小学校にて「東京2020算数ドリル」の実践学習会が開催された。学習会には、元バルセロナ五輪男子バレーボール日本代表の大竹秀之さん、元アテネ五輪女子バレーボール日本代表の大山加奈さんも参加。バレーボールと算数をかけ合わせた特別授業で子どもたちのひらめきを引き出した。

○オリンピアンとともに運動しながら算数を学ぶ

「東京2020算数ドリル」は、子どもたちがスポーツの魅力を感じながら楽しく算数を学習できるようにと東京2020組織委員会が制作した教材。2019年版ドリルは、オリンピック競技に関連した問題を収録する上巻、パラリンピックに関連した問題を収録する下巻で構成されている。

このほど明正小学校で行われた学習会には、同校の6年生が参加した。まず先生から出題されたのは、「バレーボールの選手は、自分の身長の何倍の高さまで手が届くでしょうか」という問題。身長208cmの大竹さんと身長187cmの大山さんが実際に垂直飛びをして壁に貼った白い紙をタッチし、その高さから問題の答えを計算してみることに。その結果、「2人とも身長の約1.5倍の高さまで手が届く」という答えが得られた。

この答えを踏まえ、先生は「オリンピックに出た選手は自分の身長の1.5倍の高さまで触れますが、みんなはどれぐらいの高さまで触れますか」という新たな問題を出題した。生徒たちはグループに分かれて垂直飛びの高さを計測し、1.4~1.6倍という解答を算出。「身長は違うし、飛んだ高さも違うけど、みんなだいたい1.5倍の高さまで手が届く」という答えを導いた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。