ビジネス書に訊け! 第45回 「怒り」と上手に付き合うには

ビジネス書に訊け! 第45回 「怒り」と上手に付き合うには
悩み多きビジネスパーソン。それぞれの悩みに効くビジネス書を、作家・書評家の印南敦史さんに選書していただきます。誰しもが抱いたことがある「イライラ」。今回は、その「怒り」の感情とどう付き合うか悩んでいる方に向けビジネス書をご紹介します。

■今回のお悩み
「せっかちなので周りにダラダラしてる人がいると腹が立つ。イライラしなくて済む方法が知りたい」(40歳女性/その他・専業主婦等)

「せっかちだから」、ダラダラしている人に腹が立つとのこと。せっかちな人は総じて動きにスピード感があり、完璧主義で、しかも心配性だったりするものなので、ある意味では仕方がないのかもしれません。

しかし「せっかちな人の傾向」がどうであれ、それ以前に気になることがあります。それは、「せっかちなので周りにダラダラしてる人がいると腹が立つ」という点。なぜならその場合、基準は自分にあることになるからです。

自分よりペースが遅いから、ダラダラしているように見え、そして腹が立つということ。

でも本来、人にはそれぞれ自分のペースというものがあります。なのにペースの遅い人が気になってしまうのは、自分よりも劣っているように見えるからではないでしょうか。

けれども、それがその人の本来のペースであったとしたら、他人が腹を立てるような問題ではありません。

そう考えると、ご自身が純粋に「イライラしすぎ」なだけだという可能性も否定できないわけです。

だとしたら、他人の落ち度(に見える側面)に注目して必要以上にイライラするより、ご自身のなかの「イライラのもと」を突き詰め、それをなんとかしてみたほうが、いろんな意味で有効なのではないでしょうか?

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。