カプセル式コーヒーマシンKEURIG、人気6ブランドとコラボ

カプセル式コーヒーマシンKEURIG、人気6ブランドとコラボ
ユニカフェは5月20日から、カプセル式一杯抽出システムブランド「KEURIG(キューリグ)」で、人気6ブランドのコーヒーをカプセルにした新商品を発売する。15日に同社が都内で開催した記者発表会では、その狙いが明かされた。

○ KEURIG(キューリグ)とは?

「KEURIG(キューリグ)」とは、カプセル式一杯抽出システムのコーヒーマシン。K-Cupと呼ばれるカプセルをマシンにセットし、コーヒーやお茶を抽出する。北米では80種以上のブランドから400種以上のカプセルが発売されており、多くの場面で愛用されているという。日本では、昨年度3,000万カプセルを売り上げ、これからさらなる市場拡大を目指す。

現在、日本の喫茶店数は減少傾向にある一方で、コーヒーの国内消費量は年々増加しているという。これに対して、同社の代表取締役社長の岩田斉氏は「コーヒーの飲用シーンが多様化し、家庭やオフィス、コンビニエンスストア、カウンターコーヒーなどあらゆるオケージョンに広がった」と分析する。

コーヒーが身近になり、消費者がコーヒーに求める価値観も多様化したため、「あらゆる消費者のニーズに応える仕組みが必要だ」と岩田氏は考える。「KEURIG」は好きな味をいつでも、どこでも、気軽に楽しむことができる。また、カプセルから一杯ずつ抽出することで新鮮なレギュラーコーヒーを味わえるという。同マシンは、選ぶ楽しさや飲む楽しさとともに、コーヒーを飲用する空間を提供することを目的としている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。