どのくらい安くなる? 36回払いと端末返却で割引、ドコモ「スマホおかえしプログラム」を解説!

どのくらい安くなる? 36回払いと端末返却で割引、ドコモ「スマホおかえしプログラム」を解説!
NTTドコモは16日、2019年夏の新製品発表会を開催しました。ドコモスマホ8機種を夏モデルとして投入するとともに、高価なハイエンドモデルを36回の分割払いで買いやすくした「スマホおかえしプログラム」が発表されています。一体、どんなサービスなのでしょうか?

○最新のハイエンド端末が実質5~7万円に

登壇したNTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏が「最新のフラッグシップ機種が5~7万円で購入できるようになります」とアピールしたのが、「スマホおかえしプログラム」でした。

これはハイエンドモデルを36回の分割払いで購入した後、好きなタイミングでドコモに返却することで、最大12回分の残債が免除されるというサービスです。ドコモ回線の契約継続を利用条件にしてはおらず、あくまで「スマホ単独のプログラム」(吉澤社長)として用意します。

対象機種は、Androidであれば2019夏モデルの「Xperia 1」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」「AQUOS R3」「HUAWEI P30 Pro」、ほか既発売の18モデル、iPhoneであればiPhone 8以降(詳細はドコモHPを参照)。サービス開始は6月1日からとなっています。

○具体的にどのくらい安くなるの?

具体例をあげて、少し詳しく解説しましょう。例えば10万8,000円の対象端末を、スマホおかえしプログラムで購入した場合、毎月の支払い額は3,000円になります。そこで2年間、思う存分に使い倒し、24回の割賦を支払い終えてから返却した場合、残り12回分の支払い額(3万6,000円)が免除されます。つまり差し引き、7万2,000円で最新スマホが使えたわけです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。