成功者が実践! 願いが叶う“正しい神頼み”の方法 第1回 社長はなぜお参りするのか?

成功者が実践! 願いが叶う“正しい神頼み”の方法 第1回 社長はなぜお参りするのか?
新天皇ご即位にともない、伊勢神宮を筆頭に神社がいま脚光を浴びていますが、その道のトップにいる人たちにとっては、神社は当たり前の存在です。たとえばプロ野球のキャンプが始まる際には、各球団が神社で祈祷をしますし、年初の仕事始めには、多くの企業が祈祷をします。成功している経営者ほど、熱心に神社にお参りをしていますし、もっといえば神社に行かなくても"神降ろし"によって、神さまと繋がっています。なぜ成功者は神さまを求めるのでしょうか。これから5回にわたって、ビジネスパーソンが正しく"神頼み"するための作法について解説していきたいと思います。

○成功者ほど神の存在を信じている

ビジネスの成功哲学で有名なナポレオン・ヒルは、「成功の最終極意は、この世の中に神さまはいると思うことである」という名言を残しています。信仰とは無縁に思える"ビジネスに長けた人たち"も、最終的にはこの境地にいたることがトップの世界に入れる極意であるとわかっているのです。このトップの人たちは、世界の人口の約5%しか存在せず、その5%の中の2%が超トップを極めているといわれています。

およそ8割の人は、完全ではないものの神さまと繋がることで、幸、財、禄、衣食住のすべてを改善することができます。8割の中で成功をつかめれば、ご利益そのものは十分ですが、それでは、トップの世界に仲間入りできるかもしれない残りの2割にはなれません。

実力を100%発揮しながら「勝つか負けるか」の勝負をしている中で、勝利を収める人が何千人もいるわけです。上位の世界というのは、才能にあふれた人が真面目に努力をしながら競争している世界。それを最低限の条件としているので、才能があってありったけの努力をしても勝てない人がいます。勝てる人とそうでない人とでは、いったい何が違うのでしょうか?

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。