ソニーとマイクロソフトが協業、クラウドベースのゲーム体験を共同開発

ソニーとマイクロソフトが協業、クラウドベースのゲーム体験を共同開発
ソニーとマイクロソフトは17日、消費者向けエンタテインメントプラットフォームおよび、AIソリューション領域でのパートナーシップの締結を発表した。ゲームやコンテンツのストリーミング事業のほか、半導体とAIの分野での協業も検討する。

今回の協業により、将来的にマイクロソフトのクラウドサービス「Azure」を活用した、ゲームやコンテンツのストリーミングサービスの共同開発を検討する。また、現在のソニーのゲームやコンテンツのストリーミングサービスに、Azureのデータセンターベースのソリューションの利用も検討していく。また、コンテンツ制作者コミュニティに向け「より良い開発プラットフォームを提供することを目指す」ともしている。

半導体分野の協業に関しては、ソニーのイメージセンサーと、マイクロソフトのクラウドAIサービス「Azure AI」テクノロジーを組み合わせた新しいインテリジェントイメージセンサーの共同開発を検討。AIに関しては、直感的なAI体験を提供するため、マイクロソフトのAIプラットフォームとツールを、ソニーの消費者向け製品で採用することを検討するという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。