小芝風花、ドラマ主演に意気込み ラップバトルは「難しそう…」

小芝風花、ドラマ主演に意気込み ラップバトルは「難しそう…」
女優の小芝風花が主演を務める、テレビ朝日系スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』が7月12日・13日(23:15~ ※一部地域除く)の2夜連続で放送されることが20日、明らかになった。

原作は、漫画家・インカ帝国氏により電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載されている『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』。

小芝が演じる稲穂みのりは、交際中の彼氏・山之内拓馬がヒップホップにハマり、どんなときでも韻を踏みたがることにイライラを募らせていた。しかしその矢先、原因不明の“RAPウイルス”のパンデミックが発生。このウイルスによって、世界はラップを放つゾンビだらけに。そんな終末世界を生き抜くため、みのりは知恵をしぼりながら、嫌悪していたラップの本質を探り、いつしかラップへの理解を深めていく。そして拓馬を救うため、ライム(=韻)を刻むことになる。

小芝は「最初、“ラップでゾンビを倒す役”だと聞いたので、『えっ!? いったいどういうこと?』とビックリしまして…。すぐに原作コミックを読ませていただき、『こういうことか!』と納得しました」と笑顔で明かす。そして、「いままで“ゾンビもの”や“ラップもの”のドラマはありましたが、2つを融合させた作品は初めて! ものすごく面白そうだなと思って、とてもワクワクしています!」と語った。

しかし「実は、自分からヒップホップ音楽を聴いたことがなくて…」とのことで、「今までまったく触れてこなかった分野なので、今はヒップホップ音楽を聴いたり、動画を見たりして勉強しています。これからラップのことを深く知って、どんどん好きになれたらいいなと思います」と述べた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

風花のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「大園桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「大園桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松岡はな」のニュース

次に読みたい関連記事「松岡はな」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。