Clova Deskレビュー - LINEの最新スマートディスプレイが便利な5つの理由

Clova Deskレビュー - LINEの最新スマートディスプレイが便利な5つの理由
10日間の大型連休からはや2週間。私は連休中、腰を落ち着けてLINEのAIアシスタント“Clova(クローバ)”を搭載した初のスマートディスプレイ「Clova Desk」を家にこもっていじり倒していました。なかなか面白いスマートデバイスだったので、発見した5つのポイントをレポートしてみたいと思います。

理由1:7インチのタッチスクリーンがいい感じ

Clova Deskは3月19日からLINE Clovaの公式サイト限定で販売が開始されています。価格は27,540円(税込)。国内で発売されているスマートディスプレイの中では価格が27,980円(税込)と近い、Amazonの「Echo Show」がよいライバルと言えるかもしれません。タッチスクリーンのサイズはLINE Clovaが7インチ、Echo Showが10.1インチです。

Clova Deskのサイズ感は家の中の様々な場所に収まりがよく、3,000mAhのバッテリーを内蔵しているので、電源ケーブルを挿せなくてもホームネットワークに接続できる場所であれば持ち運んで使えます。内蔵バッテリーは一度フル充電にしてから、音楽や動画を再生したままで約2時間半ほど連続で動きました。

7インチの画面は適度な情報量を詰め込むことができて、視認性がとても良いと思いました。ホーム画面には日時のほかに祝日や記念日、ユーザーが登録したカレンダーのスケジュールが表示できます。家族でスケジュールを共有したくない場合はカレンダーの登録をスキップするか、本体設定から非表示にもできます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。