802.11ah推進協議会が免許を取得し、実証実験開始

802.11ah推進協議会が免許を取得し、実証実験開始
802.11ah推進協議会は5月20日、総務省からIEEE802.11ahの実験試験局免許を取得し、実証実験を開始すると発表した。

IEEE802.11ah(Wi-Fi HaLow)は920MHz帯の周波数を利用するWi-Fi規格で、LPWAと同様に低消費電力、長距離(1km)の通信が可能で、IoTでの活用に適している。

協議会は5月29日より東京ビックサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2019」において、802.11ahを用いて、実際の電波を発信した公開実証実験を実施する。

公開実験では、鳥獣害対策のユースケースを想定して行いた公開実証実験を実施。LPWAでは実現が難しい画像/映像の送受信や、既存のWi-Fi規格と比較した伝搬距離の優位性を確認する。

協議会では、公開実証実験や今後の実証実験を通じ、802.11ahを用いたユースケースやビジネスの拡大をめざしていくという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。