Windows 7サポート終了間近! Windows 10搭載パソコンに移行すべきデータはどれ?

Windows 7サポート終了間近! Windows 10搭載パソコンに移行すべきデータはどれ?
●そもそもサポート終了で何が問題なの?

2009年にリリースされて以降、長きにわたって人気を保ち続けてきたWindows 7ですが、その延長サポートが2020年1月14日に終了します。これにより、同日以降はWindows 7向けセキュリティ更新プログラムなどの提供が行われなくなります。

サポート終了でただちにパソコンが使えなくなるわけではありませんが、そのまま使い続けるとサイバー攻撃のリスクにさらされる可能性が高まり非常に危険。それを避けるためにも、できるだけ早くWindows 10に移行したいところです。

Windows 10に移行するには、パソコン自体はそのままでOSのみアップグレードする方法と、パソコンごと買い替える方法があります。短期的にみると安上がりなのは前者ですが、Windows 10が正式リリースされてすでに4年が経っていることを考えると、現在使用しているWindows 7搭載パソコンはパーツの劣化が進んで故障しやすくなっているはず。加えて、CPUやGPU、ストレージなどのパーツは4年前から大きく進化しているため、これを機にパソコン全体を買い替えたほうが結果的に安くつく場合も多いと思われます。

買い替えの際に問題となるのが端末に保存しているデータの移行です。ここでは、個人ユーザーがWindows 10搭載パソコンに買い替える際に移行すべきデータと、その移行方法などをQ&A形式で紹介していきます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュース

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。