西鉄の事業戦略説明会「天神大牟田線への有料座席制度」導入予定は

西鉄の事業戦略説明会「天神大牟田線への有料座席制度」導入予定は
西日本鉄道の2019年度事業戦略説明会が20日、首都圏の報道関係者向けに都内で実施された。第15次中期経営計画の説明、未来を見据えたモビリティサービスの実現に関する取組みの紹介をはじめ、「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の利用状況・予約状況や「天神大牟田線への有料座席制度の導入」について説明する場面もあった。

同社の第15次中期経営計画では、重点戦略のひとつに「グループ一体となった沿線の魅力向上と観光インバウンド需要の取り込み」を挙げている。具体策として、地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行に加え、「住みたくなる沿線づくり」に向けた「交通ネットワークの強化・再整備(連節バスの更なる導入、乗継施策の実施)」「天神大牟田線への有料座席制度の導入」などが紹介された。

事業戦略説明会では、同社代表取締役社長執行役員の倉富純男氏が第15次中期経営計画について説明。その後の質疑応答で「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の質問に答え、3月23日の運行開始から2カ月が経過した現在の利用状況について、「相席方式を採っていないので100%ではないものの、実質満席で動いています」と話した。来月以降の予約状況も、当初の見込みより上々に推移しているという。

西鉄福岡(天神)~大牟田間で運行されるランチの旅・ディナーの旅に続き、6月1日から大宰府行の「地域を味わうブランチの旅」も運行開始する。新元号の発表以来、太宰府市が「

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。