「Slackはハブ」 - 開発ディレクターに目指す方向性について聞いた

「Slackはハブ」 - 開発ディレクターに目指す方向性について聞いた
もうまもなくIPOと言われる米Slack Technologies。ビジネスチャットと思われがちだが、外部アプリケーションとの統合など「ハブ」戦略を進めている。Slackが4月に米サンフランシスコで開催した年次イベント「Slack Frontiers 2019」で、開発者リレーション担当ディレクターのBear Douglas氏に、Slackの新機能や目指す方向性について話を聞いた。

Slackは開発者に人気のメッセージアプリケーションと考えられています。Slackの位置付けについて教えてください。

Douglas氏:意図したわけではないが、開発者から人気に火がついた。だが現在はここから発展して、マーケティング、営業、財務など他の部署の人にもSlackを使って何ができるのかを知ってもらう取り組みを進めている。業界も、これまではテクノロジー業界が中心だったが、拡大を図っている。これらの取り組みは成功している。

具体的なアプローチとしては、エンジニアなどすでにSlackユーザーが享受している一部のメリットを取り出して、これをエンジニアの背景のない人にも理解してもらう。開発者は数年前からSlack上にアプリを構築して、そこからたくさんのバリューを得ている。多くの開発者にとってSlackは標準となっており、開発者以外の人にもSlackは様々なツールと接続したハブであることを見せたい。

例えば、各種カレンダーツールと統合できるし、マーケティングならMarketo、Google Analytics、Salesforceなど、その分野でよく使われているツールとの統合を進めている。これにより、これらアプリケーションとSlack、両方を使うユーザーにメリットがある。Slackの採用、そして活用が増えるだろう。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。