冴えないiPhoneと完全復活のiPad - 松村太郎のApple深読み・先読み

冴えないiPhoneと完全復活のiPad - 松村太郎のApple深読み・先読み
Appleは米国時間4月30日、2019年第2四半期決算(2019年1~3月)を発表した。売上高の減少幅は予想よりも小さく、株価はいったん持ち直して時価総額1兆ドルを上回る場面もあった。だが、この決算にも関係する「別の要因」で、5月上旬の原稿執筆時点で株価は200ドル前後の水準まで下落した。

○売上高は5%減にとどまり一時安堵するも……

2019年の年明け早々、Appleは当初見込みよりも売上高が大きく減少するとして「利益警告」を表明する事態となった。Apple自身も、2019年に入ってからの利益の減少は予測していたものの、これまで右肩上がりで売上高を拡大し続けてきたAppleにとっての「転換点」との見方が強まったのは事実だ。

2019年第2四半期の売上高は580億ドルで、前年同期比で5%減の水準となった。業績の見通しでは弱気の見方が継続していたが、いくぶん緩やかな減少に落ち着いた。

国別に見ると、北米市場が256億ドルで3.2%増、欧州市場は131億ドルで5.8%減、アジア太平洋地域は36億1500万ドルで8.7%減、日本市場は36億ドルで10%減、そして中国市場では21.5%減の102億ドルだった。米国は引き続き好調だったが、Appleの米国外売上高は61%を占めており、特に第3の市場である中国の落ち込みが激しかったことが分かる。

Appleによると、中国市場では4月に物品税の減税があったほか、下取りなどのインセンティブを強化していた。さらに、いったんは米中貿易戦争への懸念が遠のいたことから、状況が最悪だった11~12月に比べて良好なパフォーマンスを示していると、決算発表の電話会議でTim Cook CEOが述べている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月23日のIT記事
「冴えないiPhoneと完全復活のiPad - 松村太郎のApple深読み・先読み」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    でかいiphoneはiphoneじゃないし価格がね。

    1
  • 匿名さん 通報

    あんなに大きいあんなに高価なiPhoneに需要があると思えない。 キャリアのiPhone優遇措置ができなくなった今、こんな高いスマホは売れないと言うか買えないだろう。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。