DropboxがGoogleファイルと連携

DropboxがGoogleファイルと連携
Dropbox Japanは5月22日、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、GoogleスライドをDropboxから直接扱えるようにする新機能を発表した。「Dropbox Business」の利用ユーザーは同日から管理コンソールの先行アクセスプログラムより、新機能を有効化できるようになるという。

新機能では、GoogleアカウントとDropboxアカウントの両方にログインすると、Dropbox フォルダ内で通常のファイルと同じ場所にGoogleドキュメント/スプレッドシート/スライドの作成や保存を可能としている。

また、Dropboxアカウント内を検索すると、Googleドキュメント/スプレッドシート/スライドの各ファイルが結果の一覧に表示され、全文検索機能によりファイル名だけでなく、ファイルの内容も検索を可能とし、全文検索の機能はDropboxのウェブサイト、モバイルアプリ、WindowsのシステムトレイやMacのメニューバーにあるDropboxアイコンから利用できる。

dropbox.comやWindowsまたはMacのDropboxアプリから直接Googleドキュメント/スプレッドシート/スライドのファイルを作成し、Dropboxに保存することが可能。ファイルを開くと、dropbox.com内に使い慣れたGoogleのエディタが表示されるほか、Dropboxにある.docx、.xlsx、.pptxのファイルをそれぞれGoogleドキュメント/スプレッドシート/スライドとして開くことができ、編集を加えた後には元のフォーマットでDropboxに保存することも可能としている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月22日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。