Microsoft、Windows 10 May 2019 Updateで和暦「令和」に対応

Microsoft、Windows 10 May 2019 Updateで和暦「令和」に対応
Microsoftは「Windows 10 May 2019 Update」において新元号「令和」へ対応した。Windows 10の設定を西暦から和暦に変更すると、表記が西暦から「令和1年」といった表記に変わる。また、フォントとして文字記号「令和(Unicode U+32FF)」も追加された。APIとしての対応も行われており、APIを使用するアプリケーションにおいても同様に令和が利用されるようになると見られる。

「令和」に対応するための更新プログラムについては「Windows 用の日本の新元号対応更新プログラムについて - KB4469068|Windowsのサポート|Microsoft」などに説明がまとまっている。累積パッチを適用せずに個別にパッチを適用する場合は、前述したページの説明などを参考にする必要がある。

macOS Mojaveも最近のアップデートで和暦「令和」への対応を行った。これでデスクトップ向けのオペレーティングシステムとしてシェアが大きなWindowsとmacOSの双方が「令和」に対応したことになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。