ダイエットを成功させる簡単レシピ - 野菜たっぷり肉巻きで減塩!

ダイエットを成功させる簡単レシピ - 野菜たっぷり肉巻きで減塩!
塩分を摂りすぎてしまうと、高血圧などの生活習慣病へのリスクが高まるといわれています。健康のためにも減塩は大切ですが、美容やダイエットとも関係があります。味付けの濃い料理は食が進んだり、お酒を飲まれる方は、お酒の量も多くなりがちです。また、塩分を控えると、女性に多いむくみの予防につながりますが、おいしくない、なかなか続かないという声も多く聞かれます。外食や総菜の利用が多い場合、味付けの濃いものに慣れてしまいますから、自宅で作る食事も味付けが濃くなりがちです。今回は、おいしく減塩できる方法と自宅で取り入れやすい減塩レシピをご紹介しましょう。

○塩分が多い食事はダイエットの敵にも

日本人は、塩分の摂取量が多いといわれています。健康な成人が目標とする食塩の摂取量は、男性が8g未満、女性が7g未満です。しかし、日本人が好んで食べる和食は、醤油、味噌、漬物などをよく使用しますし、揚げ物に使う調味料であるソース、麺類のスープなどにも塩分が多く含まれています。そのため、実際は目標量よりも約2g程度多く食塩を取っていると考えられています。約2gの食塩量というと、濃口醤油小さじ2杯、食塩小さじ1/3杯程度です。調味量の使用する量を、いつもより少し減らして調整する、麺類の汁は飲まない、料理に卓上調味料を足すことをやめるなど工夫することで、2g程度の減塩につながります。
○減塩はダイエットにもつながる

減塩は、続けることで薄味に慣れていきます。濃い味付けに慣れてしまうと、濃いものでないと満足できなくなっています。味が濃いとご飯もすすみますから、食べ過ぎにもつながります。まずは、薄い味付けに慣れることを目指しましょう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月23日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「感染症」のニュース

次に読みたい関連記事「感染症」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「糖尿病」のニュース

次に読みたい関連記事「糖尿病」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「生活習慣病」のニュース

次に読みたい関連記事「生活習慣病」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。