医師が考案した睡眠の質を改善する「みそ汁」レシピ--睡眠と食事の関係とは

結論から言うと、自炊が難しい人でも「より良い睡眠のための食事」を実践するには“みそ汁”がオススメのメニューなのだ。

「みそ汁はとても現実的で理にかなった食事です。脳内ホルモンにも材料があって、睡眠を促す働きを持つメラトニンはセロトニンという神経伝達物質からつくられるのですが、セロトニンの材料となるのは必須アミノ酸のトリプトファンなんです。したがって、バランスのとれた食生活の中でトリプトファンを上手に摂取することが、セロトニンの分泌を促し、ひいてはメラトニンの分泌量を増やすことにつながります」

トリプトファンは、魚類、牛乳、豆腐・納豆・みそ・しょうゆなどの大豆食品、肉類ではレバーといった食材に多く含まれる。また、ビタミンB群はトリプトファンの機能を助けるため、一緒に摂るのが望ましい。ビタミンB群が多く含まれる食材で代表的なものは、さつまいも、豚肉、卵、バナナなど。

「朝食は、起床後に時間を空けずに摂ると、脳と身体がうまく連動して快適な1日につながります。臓器が働いている消化中は交感神経が活発になり、寝付きや睡眠の質が悪くなるので、夕食に消化の悪いものや糖質を摂取するのはなるべく控えましょう。加えて、夕食は就寝の4時間前に摂るのが望ましいです」

また、みそ汁の温かさもポイントとなるとのこと。

「人間は眠くなると手足が温かくなりますが、これは“深部体温”という内臓など身体の深い部分の熱が四肢から抜けていっているから。大脳や腸の温度が下がっていく過程が眠気を誘発するんです。生理的なリズムでは夕方、あるいは19時くらいから2時間ほどかけて下がっていきますが、21時くらいに布団に入れるかというと多くの人は難しい。深部体温を温かい食べ物で一度温めてあげて、そこから自然と下がるように調整してあげるのが大切です」

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。