小田急ロマンスカーGSE(70000形)ブルーリボン賞、完成度の高さ評価

小田急ロマンスカーGSE(70000形)ブルーリボン賞、完成度の高さ評価
小田急電鉄は23日、ロマンスカー・GSE(70000形)が2019年の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞したと発表した。同社車両のブルーリボン賞は2009年のロマンスカー・MSE(60000形)以来10年ぶり、通算8度目の受賞となる。

鉄道友の会は前年に営業運転を開始した新造・改造車両の中から、会員の投票にもとづき選考委員会が最優秀と認める車両をブルーリボン賞、優秀と認める車両をローレル賞に選定している。今年は10車種が選考対象車両にノミネートされ、有効投票数の約62.8%の会員から支持を得た小田急電鉄のロマンスカー・GSE(70000形)がブルーリボン賞に選ばれた。

ロマンスカー・GSE(70000形)は2018年3月17日に就役。「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」をコンセプトに開発され、愛称の「GSE」は「Graceful Super Express」の頭文字から命名された。可動式ホーム柵への対応を考慮し、20m級ボギー方式を採用した7両編成(4M3T)となり、車体はアルミ製ダブルスキン構造で、薔薇(ばら)の色を基調とした「ローズバーミリオン」を主体に鮮やかな塗装を施し、車体側面のロマンスカー伝統色「バーミリオンオレンジ」を配した。

展望席は全16席あり、センターピラーレスの大型3D曲面ガラスと座席配置の見直しにより、眺望性が向上。先頭車の一般席に荷棚を設けないことで開放感が増し、先頭車全体が展望スペースと感じさせるデザインになっているという。荷棚のある中間車も素材の工夫で閉塞感を軽減させ、あわせて高さ1mの連続窓と人工大理石・ガラス材の多用により、明るく開放感のある車内空間を創出している。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月23日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。