ポスト「京」スパコンの名称、「富岳」に決定 - 理研

ポスト「京」スパコンの名称、「富岳」に決定 - 理研
○ポスト「京」の名称が決定

理化学研究所(理研)は5月23日、日本のスーパーコンピュータ(スパコン)「京」の後継機という位置づけで、早ければ2021年からの運用を目指して開発が進められているポスト「京」の名称を「富岳(Fugaku)」と決定したことを明らかにした。

ポスト「京」の名称となった"富岳"については2019年2月15日~4月8日の期間で行われた一般公募の結果を外部の有識者を交えたポスト「京」ネーミング委員会での審査を経て、5月22日に開催された理研の理事会で承認された。今回の名称公募には、期間中に「京」の名称募集の際の約2.5倍となる5181件の応募があった(うち氏名などのない無効が59件)とのことで、同じ名称の重複を除いた純粋な候補数は2487件であったという。

委員会では、

世界トップレベルの研究拠点・スパコンであることを知ってもらえること
日本国内のみならず、世界中の人にとって親しみやすい名称であること

という2つの基準をもとに検討を実施。応募件数としては「垓(がい)」、「雅(みやび)」、「極(ごく)」の3つが多かったと言うが、上記の基準に照らし合わせると、必ずしも基準を満たす名称ではない、ということから、「富岳(ふがく)」のほか、「穹(きゅう)」、「叡(えい)」、「Yukawa(ゆかわ)」、「凌駕(りょうが)」、「光明(こうみょう)」、「解(かい)」という7つが委員会にて選定され、それをもとに理事会で決定がなされたという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。