JR東海383系の特急「諏訪しなの号」名古屋~富士見間で9月に運行

JR東海383系の特急「諏訪しなの号」名古屋~富士見間で9月に運行
JR東海は23日、思い出に残る列車での旅行を提案する「Shupo(シュポ)」キャンペーンとして、今年の夏も信州(木曽路・伊那路・白馬)にスポットを当て、観光列車の特急「諏訪しなの号」の運行などを実施すると発表した。

特急「諏訪しなの号」は383系6両編成を使用し、全車指定席(一部グリーン席)の特急列車として名古屋~富士見間を走行。塩尻駅からJR東日本管内の中央本線(中央東線)に乗り入れる。運転日に合わせてJR東日本「駅からハイキング」とコラボした「さわやかウォーキング」が開催されるほか、乗車記念として乗車証明書とヘッドマークシール(原寸大)のプレゼントが用意される。

下りの運転日は9月21日。停車駅・時刻は名古屋駅7時27分発・千種駅7時36分発・多治見駅7時54分発・中津川駅8時20分発・木曽福島駅8時56分発・塩尻駅9時41分発・岡谷駅9時50分発・下諏訪駅10時1分発・上諏訪駅10時12分発・茅野駅10時18分発・富士見駅10時28分着となる。

上りの運転日は9月22日。停車駅・時刻は富士見駅14時2分発・茅野駅14時13分発・上諏訪駅14時19分発・下諏訪駅14時28分発・岡谷駅14時33分発・塩尻駅15時10分発・木曽福島駅15時40分発・中津川駅16時15分発・多治見駅16時42分発・千種駅17時4分発・名古屋駅17時14分着となる。

全車指定席の特急列車のため、乗車券の他に指定席特急券等が必要。指定席特急券などは乗車日1カ月前の午前10時から全国のJRのおもな駅で販売する。

今夏の「Shupo」キャンペーンではその他、御嶽山の開山を記念した木曽地域の旅行商品、南信州の秘境・見所を巡る旅行商品、涼しさを楽しめる白馬地域の旅行商品を用意。観光情報誌「Shupo」やWEBサイトによる情報発信、自治体とタイアップした観光ポスター・デジタルサイネージ掲出などで観光情報の発信も行う。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月23日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら