Lattice、RoT搭載のMachXO3DとSensAI 2.0を発表

Lattice、RoT搭載のMachXO3DとSensAI 2.0を発表
米Lattice Semiconductorは5月20日にRoT(Root-of-Trust)を搭載したMachXO3Dと、同社が従来から提供しているAI向けフレームワークであるSensAIのVersion 2.0をそれぞれ発表した。これに関する記者説明会が5月23日に日本法人であるラティスセミコンダクターで開催された(Photo01)。

実は同社、今年4月に発表された2019年第1四半期決算の資料の中で、次世代製品のテープアウトが完了したことをアナウンスしている。この次世代製品というのはSamsungの28FDSを利用した製品になる事は以前から説明されていたが、残念ながらこちらの製品に関しての説明は今回は無し。これについては「今年末には発表する」との話であった。
○MachXO3にハードウェアRoTを内蔵

さて、まずはMachXO3D。ベースとなるのは同社が2014年から提供を開始しているMachXO3である。

MachXO3は同社の中ではミッドレンジの製品で、Bridgeなどに広く利用されているが、昨今のセキュリティへの関心の高さに対応して、ハードウェアRoTを内蔵させた製品が今回のMachXO3Dとなる。これは、製品の全ライフサイクルに渡ってセキュリティ性を提供する(Photo02)もので、高いセキュリティ性と柔軟性の両方を提供できるとする(Photo03)。

RoTの場合、システム内で最初に立ち上がり、最後に電源が切れるデバイスとなるため。これに必要な機能がすべて内蔵されているのが特徴である(Photo04)。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。