DNPが自動走行型レーシングカー「AWS DeepRacer」活用の人材育成

DNPが自動走行型レーシングカー「AWS DeepRacer」活用の人材育成
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)と大日本印刷(DNP)は5月23日、都内で記者会見を開き、DNPがAWSが提供する18分の1サイズの自動走行型レーシングカー「AWS DeepRacer」と、3DシミュレーターでレーシングカーのAI(人工知能)学習ができる「AWS DeepRacerコンソール」を活用したアプリケーション開発エンジニアの育成を開始すると発表した。

DNPは、セールスプロモーションやコンタクトセンター業務などでAIを活用した各種ソリューション開発を行っており、これまでIT分野での研究者や適切なクラウド環境を設計・構築するクラウド・アーキテクトなどの人材育成を推進してきたという。

今回、同社の企画や開発・運用などのさまざまな部門において、一定の環境下でAIが試行錯誤を通じて自律的に学習する「強化学習」を理解するツールとしてAWS DeepRacerを採用することで、社内、得意先企業向けのサービス開発の現場でAIを活用できる人材を育成していく考えだ。

冒頭、アマゾン ウェブ サービス ジャパン 技術統括本部 レディネス&テックソリューション本部 本部長/プリンシパルソリューションアーキテクトの瀧澤与一氏は「昨今では機械学習に対するニーズが高まっており、新しいビジネスを創出することが多くなっている。われわれでもアマゾンのレコメンドエンジンや倉庫内ロボットの自律制御、Amazon

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。