富士フイルム「GFX100」、1億画素がもたらす“自由自在”の魅力

富士フイルム「GFX100」、1億画素がもたらす“自由自在”の魅力
富士フイルムは5月23日、中判ミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX」シリーズの新機種「GFX100」を発表しました。製品名にある通り、100メガピクセル(約1億200万画素)もの高画素センサーを搭載したのが特徴。1億を超える高画素だけに、一部をアップにするために画像をトリミングしても数百万~数千万画素相当のきれいな写真が得られます。「撮影後、自由自在にトリミングしてベストな写真に仕上げる」という使い方が積極的にでき、カメラの使い方を変える1台となりそうです。

価格はオープンで、予想実売価格は税込み130万円前後。発売は6月下旬の予定です。
○アクティブに撮影できる1億画素の中判ミラーレス

GFX100は、フルサイズセンサーの約1.7倍の大きさを持つ中判センサーを搭載するミラーレスカメラ。画素数は有効1億200万画素と、1億超えの圧倒的な画素数を誇ります。

これだけの画素数ながら、スタジオなどでカメラを三脚に固定して1枚1枚じっくり撮影するカメラではなく、「優れた操作性と高速オートフォーカスで動く被写体も手持ちでガンガン撮影できるアクティブなカメラ」に仕上げられているのが興味深いポイントです。オートフォーカスは、撮像素子にAFセンサーを埋め込んだ像面位相差AFで、ピント合わせは高速。しかも、顔認識だけでなく瞳認識AFにも対応し、人物を的確に撮影できます。

操作ボタン類は、シャッター速度や感度などの独立したダイヤルを搭載していた従来モデルとは異なり、電子ダイヤルで操作して画面で設定値を確認できる現代風の操作系に変わりました。シャッターボタン後方の液晶パネルにヒストグラムなどを表示できるなど、ユニークな工夫も凝らされています。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月24日のIT記事
「富士フイルム「GFX100」、1億画素がもたらす“自由自在”の魅力」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    まともに写真の撮り方も知らないバカtuberが買って自慢するんだろうな。

    0
  • 匿名さん 通報

    重そう。そもそも持って外出できるのか?

    0
  • 匿名さん 通報

    どぎつい赤の写真を良い写真だと素人に思い込ませた蜷川実花と富士フィルムは嫌いだ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。