西島秀俊、緊張からの言い間違いで大照れ! 佐々木蔵之介がいじる

西島秀俊、緊張からの言い間違いで大照れ! 佐々木蔵之介がいじる
映画『空母いぶき』(5月24日公開)の公開初日舞台挨拶が24日に都内で行われ、西島秀俊佐々木蔵之介本田翼市原隼人深川麻衣藤竜也、若松節朗監督が登場した。

同作は第63回小学館漫画賞一般向け部門を受賞した、漫画家・かわぐちかいじによるベストセラーコミックを実写化。世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年を舞台に、日本の領土である波留間群島の一部が占領された中、戦後初の航空機搭載護衛艦「いぶき」を中心とする護衛群艦隊を現場に向かわせる。映画版では、これらの出来事が“24時間の物語”として構築される。

昼間に行われたイベントだったが、西島は「みなさんこんばん……こんばんはじゃない、こんにちは」と間違え苦笑。「すごく緊張していて……傑作の『空母いぶき』を実写化するということで、イン前、撮影中も非常に緊張していました」と振り返り、「本当に緊張して、思わずこんばんはといってしまいました」と弁解した。

この様子に、佐々木も「みなさんこんばん……あっ、こんにちは」と西島のミスを真似て挨拶を始め、照れた西島から肩を叩かれる。西島は「映画の余韻を壊さないようにと思ったのに、いきなり一言目を間違えたので、反省しています」と改めて心境を表した。

原作のかわぐちからは「映像にみなぎる緊迫感は、『国防』という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません」とメッセージが届き、西島は「本当に嬉しいです」 と喜ぶ。佐々木も「かわぐちかいじさんは取材で『怖さというものをとても大切にしたい』『怖さを描きたい、怖さを感じてほしい』と。それは戦争が起こった場合の人間の怖さであるとか、いろんな恐怖だと思います。この映画参加するときに、やはりひるみました。怖いと思いましたが、初日をむかえて、この船に乗ってよかったなと感謝してますし、誇りに思ってます」と改めて熱く語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 西島秀俊 CM
  2. 西島秀俊 ドラマ
  3. 西島秀俊 映画
西島秀俊のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「西島秀俊 + ドラマ」のおすすめ記事

「西島秀俊 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「西島秀俊 + 映画」のおすすめ記事

「西島秀俊 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。