『キンプリ』4章舞台あいさつ開催、寺島惇太も「おい菱田、続きが観たい!」

『キンプリ』4章舞台あいさつ開催、寺島惇太も「おい菱田、続きが観たい!」
アニメ『KING OF PRISM』シリーズの劇場編集版『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルイ×シン×Unknown』の舞台あいさつが5月5日、新宿バルト9にて開催された。登壇者は一条シン役の寺島惇太、香賀美タイガ役の畠中祐、十王院カケル役の八代拓、鷹梁ミナト役の五嵐雅、大和アレクサンダー役の武内駿輔

本作は4月クールより放送中のTVアニメ『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』を特別に編集した劇場公開版だ。TVアニメ作品ながら、本作の醍醐味である「応援上映」も楽しめるシリーズとなっている。

本シリーズ最終章を迎えた『キンプリ』。主役のシンを務めた寺島は、第1章の公開を振り返り、「いよいよお祭りがはじまると思っていたのですが、ここまであっという間でした」としみじみ語る。続けて「最終章を見せることができてほっとしています。みなさんの感想を見るのが楽しみです」と笑顔を見せた。

また、第4章はこれまでのキャラクターのお当番回とは打って変わった内容となっている。それにはキャスト陣も驚いたようで、畠中は「4章の台本をもらったとき、情報量が多すぎてほんとうに混乱した」と困惑したことを明かした。

八代は「ありがとうということばや感謝の気持ち、きらめきや愛に満ちた作品になっています」と語ると、五十嵐が「劇場からありがとうの掛け算がはじまると思います」とコメントを残した。武内は「スタッフやキャスト、応援してくれるみなさんの想いが合致したからこそのクオリティだとおもいます。まだアレクも準備期間中のようなところがあったので、引き続き注目してください」と語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月24日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。