『アイマスサイドM』PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALLは315の日に

『アイマスサイドM』PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALLは315の日に
ドラマチックアイドル育成ライブゲーム 『アイドルマスター SideM』のイベント「THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALL!!!が3月15~17日、千葉県・幕張メッセイベントホールにて開催された。今回は「315の日」に行われた、1日目公演をレポートする。

登壇者はフィジカルより、天道輝役の仲村宗悟、渡辺みのり役の高塚智人、木村龍役の濱健人、紅井朱雀役の益山武明、アスラン=ベルゼビュートII世役の古川慎、橘志狼役の古畑恵介、牙崎漣役の小松昌平。インテリより神楽麗役の永野由祐、蒼井享介役の山谷祥生、冬美旬役の永塚拓馬、黒野玄武役の深町寿成、岡村直央役の矢野奨吾、九十九一希役の徳武竜也。メンタルより信玄誠司役の増元拓也、華村翔真役のバレッタ裕、卯月巻緒役の児玉卓也、北村想楽役の汐谷文康。

『SideM』のプロデューサーミーティングイベントは、毎年3月15日を「315(サイコー)の日と称し、様々なイベントや生放送などで、プロデューサーたちと交流を図ってきた。今回は、3日間にわたってイベントが開催されることになった。

イベントがスタートすると、315プロダクション社長の斉藤孝司より、開会の挨拶。今日という日を、パッション燃えたぎるサイコーの日にしようということばが送られた。事務員の山村賢も諸注意をアナウンス。そしてメインステージに17名のキャストが集合すると、それぞれフィジカル、インテリ、メンタルの属性にわかれ、「Beyond The Dream」を披露する。直後のMCでは、おめでたい日なので乾杯をしようという話になり、ステージには公式グラスがシャンパンタワーのように積み上げられて登場し、会場全員で乾杯。続けて、ケーキも届けられ、アカペラで「DRIVE A LIVE」を歌いながら、ロウソクの火を消していくという演出に。そのロウソクの火の役割を担うのは、客席にいるプロデューサーたち。キャスト陣が息を吹きかけると、プロデューサーたちが持っているサイリウムの赤いライトが一気に消えていく。なんとも幻想的な空間となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月30日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「デジモンアドベンチャー」のニュース

次に読みたい関連記事「デジモンアドベンチャー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「魔法の天使クリィミーマミ」のニュース

次に読みたい関連記事「魔法の天使クリィミーマミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日野茜」のニュース

次に読みたい関連記事「日野茜」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。