すばる望遠鏡、半年間のHSCによる観測で約1800個の超新星を発見

すばる望遠鏡、半年間のHSCによる観測で約1800個の超新星を発見
東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)は、すばる望遠鏡に搭載された超広視野主焦点カメラ「Hyper Suprime-Cam(HSC:ハイパー・シュプリーム・カム)を用いた半年間の観測により、約1800個の超新星を発見したことを明らかにした。

同成果は、Kavli IPMUの安田直樹 教授を中心に、国立天文台、東北大学大学院理学研究科、甲南大学、京都大学などの研究者らで構成される研究チームによるもの。詳細は日本天文学会の発行する「Publications of the Astronomical Society of Japan(PASJ:欧文研究報告)」のオンライン版に5月30日付で掲載された。

超新星を効率よく発見し、その明るさの変化を測定するためには、できるだけ広い領域の空を長期間繰り返して観測することが求められる。HSCはすばる望遠鏡の高い解像度を活用しつつ、満月9個分に相当する広い視野を一度に観測することができるという特徴があり、大規模サーベイ観測が進められている。

今回の研究では、その大規模サーベイ観測の一部として、2016年11月から2017年4月までの約半年間、ろくぶんぎ座方向のCOSMOS領域と呼ばれる天域約7.5平方度(HSCの視野5つ分)に対し繰り返し観測を実施。機械学習などの手法を活用することで、約1800個の超新星を発見することに成功したという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月30日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら