製品への導入が進むマイクロソフトのAI、自然言語処理研究の最新動向

製品への導入が進むマイクロソフトのAI、自然言語処理研究の最新動向
日本マイクロソフトは5月30日、記者説明会を開催し、R&D部門であるマイクロソフト リサーチ アジア(MSRA:Microsoft Research Asia)の副所長のDr. ミン・ジョウ氏が、同社が取り組んでいるAI研究の最新動向について説明した。同氏はコンピュータ言語/自然言語処理研究の学会「ACL(Association of Computational Linguistics)」の会長を務めており、今回特に自然言語処理研究の最新動向も紹介した。

マイクロソフト リサーチ アジアでは、AIに加えて、「ナチュラルユーザーインタフェース」「マルチメディア」「ビッグデータ/ナレッジマイニング」「クラウド、エッジコンピューティング」「コンピュータサイエンス基盤」の研究が行われている。

ジョウ氏は、マイクロソフト リサーチ アジアのAI研究のうち、飛躍的に進歩している技術として、画像認識、機械言語理解、機械翻訳、光学文字認識(OCR)を挙げた。これらを支えている技術に自然言語処理がある。

画像認識に関しては、152層のニューラルネットワークである「ResNet」(Deep Residual Network)によって、3.57%のエラー率を達成している。ジョウ氏によると、人間のエラー率は5.1%とのことで、ResNetは人間の能力を上回っていることになる。

機械言語理解に関しては、エンド・ツー・エンドのニューラルネットワークモデ「R-NET」を開発、2018年にはStanford Question Answering Database(SQuAD)を用いた質問と回答の完全一致において、82.650のスコアを達成した。ジョウ氏によると、人間のスコアは82.304とのことで、R-NETも人間を上回る能力を実証している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月31日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。