Pyxis、和の香る新境地ナンバー「恋せよみんな、ハイ!」の魅力を語る

Pyxis、和の香る新境地ナンバー「恋せよみんな、ハイ!」の魅力を語る
●和を感じる新境地の表題曲で取り組んだのは、“真面目な悪ふざけ”!?
声優豊田萌絵と伊藤美来によるユニット・Pyxisが6月5日、約1年ぶりにニューシングル「恋せよみんな、ハイ!」をリリース。

表題曲は、作詞を畑亜貴・作編曲をTom-H@ckが担当。OPテーマに起用されている『ノブナガ先生の幼な妻』のヒロイン・斎藤帰蝶にも結びつく、サウンド・歌詞の両面から和のテイストを散りばめたハイスピードなナンバーだ。結成4周年を迎えながらもまだまだ新たな面を見せ続けてくれるふたりに、本作リリースにあたっての想いを聞いた。
○■CDじゃないと聴けないおいしいところも、ぜひ聴いていただきたいです

――今回の表題曲「恋せよみんな、ハイ!」を、最初に聴かれたときの印象からお伺いしたいのですが。

豊田 最初に聴いたのってだいぶ前だよね?

伊藤 うん。たしか去年だったと思う。そのとき最初に感じたのは、すごくキャッチーで、跳ねていて、かわいらしくて速い曲が来たなぁっていう印象でした。OPになっている『ノブナガ先生の幼な妻』の世界観にすごく合った言い回しや言葉が散りばめられていて。パッと見ただけだとよくわかんないけど、よくよく読んだらすごく考えらてれる! ……って、最初から心をすごく奪われました。

豊田 曲を聴く前から、作詞が畑さんで作編曲がTomさんということは聞いていたので、「このふたりが曲を作ると、どういう曲になるんだろう?」って、純粋に楽しみだったんですよ。おふたりとも好きな方なので。それで実際に聴いたら、期待を裏切らないといいますか、すごくおふたりらしさを感じて喜んじゃいました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 声優 イベント
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「声優 + イベント」のおすすめ記事

「声優 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「声優」のニュース

次に読みたい関連記事「声優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。