ベンツが作る電気自動車の完成度は? 初の市販モデル「EQC」に試乗!

ベンツが作る電気自動車の完成度は? 初の市販モデル「EQC」に試乗!
●ベンツはエンジンなしでも本格派だった
メルセデス・ベンツは同社初の市販電気自動車(EV)「EQC」の試乗会をノルウェーで開催した。「ベンツ」といえば内燃機関(エンジン)で走るクルマの生みの親だが、同社の電動化戦略は今、どの程度のレベルに達しているのだろうか。さっそくオスロに飛び、EQCのステアリングを握ってきた。

○2つのモーターを持つ俊足EVが登場!

EQCの説明は以前の記事を参考にしてほしいが、バッテリーだけで走るEV(BEV:Battery Electric Vehicle)としては、メルセデスで初めてのモデルとなる。テストケースとしては過去に「スマート」(メルセデスが展開するコンパクトカーのブランド)のEVを市販したことがあったが、「EQ」ブランドとしては、今回のEQCが初のBEVだ。

EQCのボディはエンジン車「GLC」をベースとするので、ボディサイズは中型のSUVと同等。だが、その中身はエンジンを搭載せず、リチウムイオンバッテリーを床下に敷き詰めた本格的なEVなのである。

駆動するモーターを前後アクスル(車軸)に搭載するEQCは、2つのモーターを持つ四輪駆動車(4WD)だといえる。モーターは合計すると402ps(馬力)で、最大トルクは約750Nm(ニュートンメーター、トルクの単位)となる。

電費(ガソリン車の燃費にあたる)を気にせずフル加速すると、EQCの0-100km/h加速(停止状態から時速100キロまで加速するのに要する時間)はなんと5.1秒と俊足だ。この速さは「GLC 43 AMG」(AMGはメルセデスのハイパフォーマンスカー)なみの加速なのだ。気になるリチウムイオンバッテリーの容量は80kWhで、WLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure=乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法)ではフル充電時の航続距離が450キロと規定されている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。