本木雅弘、大河初挑戦の沢尻エリカを絶賛「ギラギラ」「輝きを放っていた」

本木雅弘、大河初挑戦の沢尻エリカを絶賛「ギラギラ」「輝きを放っていた」
俳優の長谷川博己が主演を務める2020年NHK大河ドラマ麒麟がくる』のクランクイン取材会が4日、都内で行われ、長谷川、門脇麦西村まさ彦沢尻エリカ堺正章本木雅弘が役衣装で登場。親子役を演じる沢尻と本木は、お互いの演技を称賛した。

大河ドラマ第59作となる『麒麟がくる』は、智将・明智光秀(長谷川)を主役とし、その謎めいた前半生に光を当てながら、彼の生涯を中心に戦国英傑たちの運命の行く末を描く物語。長谷川、西村、沢尻、本木は3日にクランクインを迎え、堺は本日4日にクランクイン、門脇は6月中旬にクランクイン予定となっている。

光秀の主君・斎藤道三(利政)の娘・帰蝶役の沢尻は、本作が大河ドラマ初出演。「いよいよ始まったという感じで、衣装を着て、昨日初めてセットに入って、すごく感情が高ぶって気が引き締まる思い」と心境を明かし、「みなさんの熱もそうですし、すごく現場が楽しいです。ワクワクしています」とうれしそうに話した。

道三役の本木は「主張の強い衣装を着ておりますけど、昨日はおどおどしながらの初日をなんとか乗り切りました。戦国を生きるすべを光秀に与えていく役ですが、長谷川さんとのお芝居は非常に新鮮で、まだ役の関係上も役者としても、お互いを探り合いながら関係をつめています」と語り、「あぐらがつらい、ひげがかゆい、空調を止めなきゃいけない撮影現場は熱帯雨林。その三重苦をどういう風に乗り切っていくかが目下の課題です」と笑いを誘った。

撮影初日に、道三と帰蝶の親子シーンも撮影。沢尻は父役の本木について「お父さんがかっこよすぎて…すごいかっこよかったです」と振り返り、「みなさんの芝居の熱量が素晴らしくて、この現場に一緒にいられて光栄です」とにっこり。本木も「芝居の熱量という意味では、沢尻さんがギラギラ、ピカイチでした。お世辞ではなく、初めての緊張感も含めて、“今しか”というような輝きを放っていたような気がします」と沢尻の演技を称賛した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュース

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「浅野忠信」のニュース

次に読みたい関連記事「浅野忠信」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。