安東弘樹のクルマ向上委員会! 第19回 箱根の山で歓喜の瞬間が!? 安東弘樹、BMW「Z4」に乗る!

安東弘樹のクルマ向上委員会! 第19回 箱根の山で歓喜の瞬間が!? 安東弘樹、BMW「Z4」に乗る!
BMWが開催した「Z4」と「8シリーズ クーペ」の試乗会に参加した安東弘樹さん。まずは「Z4」に乗り込み、試乗会の拠点となった箱根ターンパイクの「アネスト岩田スカイラウンジ」(神奈川県)から西湘バイパスを目指した。BMW製オープンカーの最新作に、安東さんは何を感じたのだろうか。

※文と写真はマイナビニュース編集部の藤田が担当しました

Z4は2人乗りのオープンカー(ロードスター)で、ボディサイズは全長4,335mm、全幅1,865mm、全高1,305mm。ホイールベースは2,470mmと短く、曲がりやすく俊敏なクルマに仕上がっているという。今回、安東さんが試乗したのはZ4の「M40i」というグレード。3リッターの直列6気筒エンジンは最高出力340ps(5,000rpm)、最大トルク500Nm(1,600~4,500rpm)を発生する。

トヨタ自動車がBMWと共同開発した新型「スープラ」は、Z4の兄弟車という位置づけとなる。具体的には、トヨタがZ4のプラットフォームとパワートレインを用いて作ったのが新しいスープラだ。安東さんは以前、袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)でスープラを試乗しているので、両者の違いについても聞いてみた。

○安定感のある走りに納得、クーペとしても乗れる?

安東さん(以下、安):(屋根を開けた状態で箱根ターンパイクを走り出しつつ)安定してるなー! 路面に吸い付くような感じです。味付けの問題なんでしょうけど、スープラに比べて“どしっ”としてますね。ステアリングはスープラより太くて、太さに賛否はあると思いますが、重厚感があります。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。