JR西日本、大阪環状線201系ラストラン - 京橋行で無事に運行終える

JR西日本、大阪環状線201系ラストラン - 京橋行で無事に運行終える
JR西日本は7日、大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)で活躍した201系の最終運行を報道公開した。桜島駅10時55分発の京橋行がラストランの列車となり、オレンジ色の201系が11時20分頃、京橋駅4番ホームに到着。無事に最後の運行を終えた。

大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)の201系は2005(平成17)年以降に順次投入された。2016年度から新型車両323系の投入が始まり、2017年10月に103系が両線から引退した後も201系の活躍は続いたが、323系全編成(8両編成×22編成)の投入が完了することを受け、6月7日をもって201系が両線での営業運転を終了すると発表された。

6月7日の最終運行はオレンジ色の201系1編成により行われ、終点の京橋駅では報道関係者と一般の撮影者らが多く集まった。ときおり強い雨の降るあいにくの天気となり、大阪環状線では午前中に遅延も発生していたが、ラストランの列車は大幅な遅れに見舞われることもなく、京橋駅に到着。1~2分程度停車した後、回送電車となって森ノ宮方面へ動き出し、ホームを離れるまで最徐行で運転された。

オレンジ色の201系はその後、吹田総合車両所森ノ宮支所へ。職員らが出迎え、201系が4番線に入ると拍手が起きた。201系の写真とともに「大阪環状線で13年間 みんなを運んでくれてありがとう!」のメッセージを掲げる作業員たちの姿も。無事に最後の運行を終え、雨も小降りとなり、和やかな雰囲気での報道公開となった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月7日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。