LINEら6社、「サイバー防災訓練」開始 - テーマは「アカウント」

LINEら6社、「サイバー防災訓練」開始 - テーマは「アカウント」
アマゾンジャパン、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、ヤフー、LINEは6月7日、「サイバー防災訓練」を開始した。これは、インターネットを安心・安全に利用するために、家の鍵を閉めるようにインターネット上でも防災意識を
持つ必要性を喚起することを狙う取り組み。

3回目となる今回のテーマは、インターネットを使う大多数の人が所有する「アカウント」だ。アカウントの重要性を知って自分のアカウントを守る訓練施策をオンライン上で複数実施する。

「サイバー防災訓練」への参加は公式ページにアクセスすることから始まり、各コンテンツを歌って・読んで・チェックすることで、アカウントの大切さと守り方を知ることができる。

動画には「ANZEN漫才」のみやぞんが出演し、ギターを片手にサイバー防災訓練のテーマソング『セキュれてる?』を歌っている。「セキュれてる」は「アカウントを守るためにセキュリティを心がけよう」の意味となる。

みやぞんの歌を聴いて・歌って、公式ページを読んだ後、最後の訓練として「アカウントのセキュリティ理解度チェック」が設けられている。アカウントに関する合計10問の設問で正しいと思う項目をチェックすると、正解率に応じ理解度が100点満点中何点か結果が出る。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。