Pythonが最高値を記録 - 6月開発言語ランキング

Pythonが最高値を記録 - 6月開発言語ランキング
TIOBE Softwareから、2019年6月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。TIOBE PCIは、複数の検索エンジンの検索結果から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。2019年6月におけるインデックスは次のとおり。

2019年6月はPythonが8.530%と、観測が始まってから最も高い水準に到達した。TIOBE Softwareはこのままの傾向が続いた場合、今度3年から4年でPythonがJavaとC言語を抜いて最も人気があるプログラミング言語になると予測している。

TIOBE Softwareはこうした動向の理由として、Javaはクラス、静的メソッド、パッケージなどプログラミングの初心者が学ぶには冗長すぎる傾向があること、C言語ではメモリ管理に直面することなどを挙げている。こうした言語と比べると、Pythonはシンプルでワンライナーで済むこともあり、その簡単さが普及につながっているという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。