ソニーがAFの速度と精度を高めた超望遠レンズFE 600mm F4 GM発表

記事まとめ

  • ソニーは、ミラーレスカメラ「α」用の交換レンズの新製品として超望遠レンズ「FE 600mm F4 GM OSS」を発表した。
  • オートフォーカス用のリニアモーターを2つ搭載し、動きの激しいスポーツや野生動物などもピントをしっかり合わせ続けられるようにした。
  • 希望小売価格は税別179万5000円を予定している本品は、受注生産で7月下旬に出荷する。

AFの速度と精度を高めた超望遠レンズ「FE 600mm F4 GM」 ソニー

AFの速度と精度を高めた超望遠レンズ「FE 600mm F4 GM」 ソニー
ソニーは6月12日、ミラーレスカメラ「α」用の交換レンズの新製品として、超望遠レンズ「FE 600mm F4 GM OSS」(SEL600F40GM)を発表した。オートフォーカス用のリニアモーターを2つ搭載し、ピント合わせの速度と精度を追求。動きの激しいスポーツや野生動物なども、ピントをしっかり合わせ続けられるようにした。2020年の東京オリンピックを視野に、プロの利用を見込む。

希望小売価格は税別179万5000円。受注生産となり、7月下旬より出荷する。

描写性能とぼけ味を妥協なく追求したG Masterレンズに属する製品。収差を抑えるXAレンズを1枚搭載し、解像感やぼけの表現を高めた。

オートフォーカス用のモーターは、FE 400mm F2.8 GM OSSと同様にXDリニアモーターを2基搭載し、速度と精度、追従性能を高めた。プロ向けフルサイズミラーレス「α9」と組み合わせた場合、最小絞りのF22まで絞っても高速・高精度のオートフォーカスが働く。

ピントリングの隣にはファンクションリングを設け、APS-Cとフルサイズを瞬時に切り替えるなどの操作が可能。1.4倍のテレコンバーターを装着した際は840mm相当、2倍のテレコンバーターを装着すると1200mm相当で撮影できる。

APS-Cミラーレス装着時の焦点距離:900mm相当
最大撮影倍率:0.14倍
最短撮影距離:4.5m
フィルター径:40.5mm
本体サイズ:163.6×449mm
重さ:3,040g(三脚座含む)
色:白

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月12日のIT記事
「AFの速度と精度を高めた超望遠レンズ「FE 600mm F4 GM」 ソニー」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    五輪向けかな?あとは大してウデの無いソニーヲタとレビューバカなYouTuber向けだな。ジェ〇トとかね。

    1
  • 匿名さん 通報

    なるほど、真っ白だとキヤノンと間違われるし、真っ黒だとニコンだと思われる。だからこんなパンダみたいな色なのね。

    1
  • 匿名さん 通報

    Gレンズか?カールツァイスならば以上になるんじゃないの?

    0
  • 匿名さん 通報

    パパラッチ用?…パパラッチにそんな大金は無いか。

    0
  • 匿名さん 通報

    ビデオカメラ用じゃないんだ、ビデオとカメラのマウント共用か出来なければアダプター付けて共用にしとけばいいのに。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。