15,120円は「たたき売り」レベルで安い。Googleの「Nest Hub」は納得の完成度だった

15,120円は「たたき売り」レベルで安い。Googleの「Nest Hub」は納得の完成度だった
Google純正スマートディスプレイ、日本上陸

Googleのスマートディスプレイ「Google Nest Hub」が日本に上陸しました。発売は6月12日。わが家にはもうスマートスピーカーのGoogle Home miniと、Android TVを搭載するソニーのスマートテレビもありますが、この上さらにGoogle Nest Hub(以下:Nest Hub)を導入して、何か良いことがあるのか試してみました。

わが家に来て間もなく1年になるスマートディスプレイの先輩である、Amazon Echo Spotと使い勝手も比べながらNest Hubをレポートしたいと思います。

なおNest Hubの機能説明などについては速報ニュースとファーストインプレッションのレポートも合わせて読んでみてください。

○絶妙な7インチのサイズ感。メカっぽくないルックスもいい

四角くて無機質なルックスの家電機器は、宅内に置くとなぜか「場所を取るし美観を損なう」と家族に避けられがちです。その点、7インチのNest Hubはほどよい大きさで、表示される情報も見やすい絶妙なバランス感だと思います。

そのうえ背面側はGoogle Home miniのようにファブリック素材でカバーされているので、あまりメカメカしい感じに見えません。奥行きがスリムなので、設置面積も少なめですみます。わが家のNest Hubは明るいピンク(またはオレンジ)っぽいカラバリの「Sand」なので、なおさら温かみが伝わってきます。筆者の家族にも快く迎えられました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。