神戸電鉄「七夕列車」短冊を車内に展示、ヘッドマークも七夕仕様

神戸電鉄「七夕列車」短冊を車内に展示、ヘッドマークも七夕仕様
神戸電鉄は7月7日まで、沿線の幼稚園保育園などの園児が書いた短冊などを一部の駅や列車で展示するとともに、短冊を展示した車両に「七夕列車」のヘッドマークを掲出して運行する。

この取組みは、こどもたちの健やかな成長を願うとともに、季節感あふれるイベントを通して神戸電鉄を身近に感じてもらうことを目的に実施されている。「七夕列車」は5000系のラッピング列車「HAPPY TRAIN★」(4両編成)で運行。駅での掲示と同様の短冊ポスターを車内に展示し、七夕をイメージしたヘッドマークを掲出する。

短冊の展示は押部谷駅・志染駅・小野駅・横山駅で実施。園児たちが願い事を書いた短冊をポスターに貼付して掲示するほか、七夕らしい飾付けで季節感を演出する。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。