音も撮れる「チェキ」登場、QRコードで再生 富士フイルム

音も撮れる「チェキ」登場、QRコードで再生 富士フイルム
富士フイルムは6月12日、インスタントカメラ「チェキ」の新製品「instax mini LiPlay」を発表した。チェキで初めて音声の記録に対応し、写真に印刷されたQRコードをスマホで撮影すると音声が再生できる。本体も大幅に小型軽量化し、携帯しやすくした。スマホに撮りためた写真をワイヤレスでプリントする機能も備え、20~30代の女性を中心に売り込む。

価格はオープンで、予想実売価格は税別1万7500円。発売は6月21日。

本体サイズはW82.5×H122.9×D36.7mm、重さは約255g(フィルムパック、microSDカード含まず)と、従来のチェキよりも大幅に小型軽量化した。カラーバリエーションはエレガントブラック、ブラッシュゴールド、ストーンホワイトの3色で、それぞれ表面の仕上げを変えている。

特徴的な音声録音機能は、撮影後に本体前面のマイクを押すことで最大10秒の音声を録音する仕組み。録音した音声データは、Bluetoothで接続しているスマホ経由でインターネットにアップロードし、再生用のURLアドレスをQRコードとして写真内にプリントする。写真を受け取った人は、スマホでQRコードを読み込めば音声が再生できる(再生する際、特別なアプリは不要)。音声は最大1年間保存されるが、保存期間は今後変更する可能性もあるとのこと。

カメラ機能は、1/5型のCMOSセンサーと28mm相当のレンズの組み合わせで、記録画素数は2560×1920ドット。感度はISO100~1600。昨今のスマホカメラのほうが断然性能が高いので、スマホ内の写真をワイヤレスでプリントする用途がメインになりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。