Adobe Flash Playerに脆弱性、アップデートを - JPCERT/CC

Adobe Flash Playerに脆弱性、アップデートを - JPCERT/CC
JPCERT/CCは6月12日、Adobe Flash Playerに脆弱性があり、米Adobe Systemsから脆弱性を修正したバージョンが公開されたと伝えた。

脆弱性を悪用したコンテンツを開いた場合、リモートからの攻撃によって実行ユーザーの権限で任意のコードが実行されるおそれがある。

脆弱性を抱えているバージョンは以下の通り。

Adobe Flash Player Desktop Runtime (32.0.0.192) およびそれ以前(Windows, macOS および Linux)
Adobe Flash Player for Google Chrome (32.0.0.192) およびそれ以前(Windows, macOS, Linux および Chrome OS)
Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (32.0.0.192) およびそれ以前(Windows 10 および Windows 8.1)

Adobe Systemsからは、脆弱性を修正したバージョンとして、以下がリリースされているので、上記のバージョンを利用している場合はバージョンアップすることが推奨される。

Adobe Flash Player Desktop Runtime (32.0.0.207) (Windows, macOS および Linux)

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年6月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。